メイン画像
季節で味わう、氷見前寿し。
季節が変わると、愉しみ方が変わる。春夏秋冬の舌鼓。
氷見と言えば、寒ブリ。正に冬の味覚の王者。
しかし、旨いもんは寒ブリだけじゃない。

春にはイワシやクロダイ。夏にはマアジやマグロ、マダイ。
季節が変われば愉しみ方も変わる。

氷見のネタにはハズレが無い。そして新鮮なまま、お客様に提供できる立地の良さがある。氷見前寿しは、自分の信じたものだけを提供している。
季節で味わう、氷見前寿し。
季節が変われば、ネタも変わる。
ネタが変われば、職人の手捌きや顔つきも変わる。

いつ来ても旨い氷見前寿し。いつ来ても新鮮な喜びがある氷見前寿し。
季節ごとの彩りが豊かな氷見だからこそ、
春夏秋冬問わず、足を運んでもらいたい。
季節で味わう、氷見前寿し。
一覧へ戻る